>

歯の仕組みを知る

歯軋りや矯正で使う

アナタはマウスピースと聞くと何をイメージしますか?ほとんどの方が歯科医矯正や歯軋り・いびき予防など、医療の面で使う事を思い浮かべるでしょう。

確かにマウスピースはこれらの治療に有効であり、多くの医療機関で導入されています。歯軋り予防のマウスピースはナイトガードと呼ばれる事もあり、歯の磨り減りを予防します。人間の噛む力はとても強く、寝ている間に歯をすり減らしてしまう危険性があります。歯がすり減るとそこからかみ合わせが悪くなり頭痛や肩こり、顔のゆがみに繋がります。

いびき防止にも使われるマウスピースは無呼吸症候群にも効果的です。寝ている間のみに使用出来るので、クリアでシンプルなタイプがほとんどといえるでしょう。

スポーツで使う事もある?

マウスピースはスポーツでも使われる事もあり、これらの目的は何でしょうか?マウスピースが使われているスポーツといえばボクシングを始めとする格闘技やラグビー、アメフトなど激しいスポーツがほとんどです。最近では野球やサッカー、スノーボードでも使われる事もあります。

スポーツでマウスピースを使う理由はしっかりとかみ合わせおく事で歯の損傷や口腔内の裂傷を防ぎます。格闘技を含むぶつかり合いのあるスポーツは脳への震動を軽減する理由もあります。

これらのマウスピースは樹脂性がほとんどで、カラフルなデザインもあります。上顎に装着するシングルタイプ、上下の歯で噛むダブルタイプがあり後者の方がフィット感は高い作りになっています。


この記事をシェアする